Please reload

Recent Posts

★第6弾・開運ディナー開催★

November 9, 2018

年内最後である6回目の「開運ディナー」は、
「蠍座」の新月、「射手座」の木星移行のタイミングでした。

昨日のメニューは、「蠍座」そして、「射手座」に関連する食材を使い、
エガリテさんのシェフがメニューを考案してくれました。
開運ディナーのためだけに、シェフが考案してくれるという贅沢!
通常のメニューにはない、特別なメニューです。

「蠍座」の新月、「射手座」の木星移行といえども、
これはどの星座にもちゃんと影響があります。
どの星座も、上記のパワーを吸収することで、
よりよい形で新しいスタートを切れるタイミングです。
詳細は昨日いらした方にたっぷりお伝えしましたので、ここでは簡単に…

まずは恒例の、ラッキーカラーがたくさん入ったバーニャカウダーを前菜にいただきます。
今回は、蠍座のラッキーカラーである、レッド、パープル
射手座のラッキーカラーである、オレンジ
の野菜がたっぷり!


そして、まずは一品目。
「ビーツのスープ」です。
ここでは、蠍座の新月にあやかったメニューを。
まずは、色ですよね。蠍座のラッキーカラーである「レッド」がポイントです。
ビーツが本当に色鮮やかで、とっても美味しかったです!
占星術的に、色を取り入れると言うことは、その星座のよさを取り入れることにつながります。
蠍座の人にとっては、レッド、パープル、ブラックを取り入れると、自分のよさがスムーズに引き出されると言われているんですよ。今
回は、蠍座の要素を取り入れることによって、どの星座の人も運気が上がるタイミングなので、この色に関連するものをシェフにお願いしました。
ちなみにビーツは、“食べる輸血”と言われるほど、栄養が豊富です。

 


二品目のメインは、
「シューファルシ(ロールキャベツ)」です。
ここでは、射手座の木星移行にあやかったメニューを。
まずはお肉。お肉は全般的に射手座のラッキーフードです。
そして「包む」「くるむ」料理を…と、シェフにはお願いしました。
包むとかくるむという料理には、その状態そのものに、幸運の要素が含まれるといわれているんです。
包むとかくるむ料理を食べると、飛躍とか、成功とか、そういった木星のキーワードであるエネルギーを引き出せるといわれています。
野菜たっぷりで、ジューシーなロールキャベツは、もう絶品!

 

 


三品目のデザートは、
「チーズムース」です。
ここでは、再度、蠍座の新月にあやかったメニューを。
なんと、シェフからのサービスが!
蠍座のラッキーカラーである赤を使った、カシスのシャーベットをつけてくれました!
チーズは、惑星でいうと、月や土星が関係しているともいわれていますが、
時間をかけて熟成させているというところがポイントで、“熟成させる”という部分が、蠍座のキーワードとも関連してきます。
熟成させることによって味が深まる、そういう素材や料理も蠍座の開運フードになります。
「願いを長続きさせたい」「ずっと続いて欲しい」と思うとき、チーズを食べるとよいともいわれているんですよ。

 

 

デザートのタイミングで、恒例のタロット占いを。
ひとりひとりとお話ができる、わたしにとっても楽しみな時間です。
同じカードが続けて出たり、なかなかおもしろい結果が、いつもあります!


次回は、1月6日(日)の18時~で、年明け初の開催予定です。
この日は“日食”を伴う「山羊座」の新月です。

2019年の1年の運気も、12星座毎にお伝えしたいなと思っております。

開運したい方のご参加、ぜひお待ちしております!

Please reload

Please reload

Archive
  • Wix Twitter page

© Kanon Mizutani All rights reserved