Please reload

Recent Posts

★第18弾・開運ディナー開催★

February 26, 2020

昨夜は「魚座」の新月のタイミング(水星逆行も…)で、18回目の「開運ディナー」でした!

昨日のメニューは、「魚座」に関連する食材を使い、
エガリテさんのシェフがメニューを考案してくれました。
開運ディナーのためだけに、シェフが考案してくれるという贅沢です。
通常のメニューにはない、特別なメニューがいつも大人気!

「魚座」の新月といえども、
これはどの星座にもちゃんと影響があります。
どの星座も、この魚座に関連した食材を食べることで、新しいスタートを切りやすくなります。
詳細は昨日いらした方にたっぷりお伝えしましたので、ここでは簡単に…
(魚座の守護星の海王星についても…ウィルスと星の関係も話したりしました)

まずは恒例の、バーニャカウダーから。
今回はラッキーカラーの「白」「パープル」系の野菜が多め…
野菜が新鮮で甘くて…おいしすぎる…

 

 

一品目の前菜は「カブのポタージュ」になります。

白色のポタージュで、まずは色からパワーを取り入れます。
色を食べるということは、その色のエネルギーを取り入れることになりますから、色の持つエネルギーを自分のパワーに変えていく力があります。
カブは、豊かさをあらわすといわれているんですよ。
出汁はアサリとのことで、カブと見事にコラボレートしていて、身体にしみます…

 

 

二品目のメインは、「貝類の出汁(ホタテなど)を使った魚のポトフ」です。

魚座は、その名の通り、魚が全般的にラッキーフードになります。
ちなみに2月19日~3月20日くらいに生まれている人が魚座になるのですが、この期間は、シンプルに、魚を食べると誰でも運気アップにつながります。
魚座は一般的に、感情に流されやすい星座ともいわれているんですね。
でも、そういった感情が乱されやすいときに、お魚を食べると、それが上手に緩和されるといわれています。
感情をコントロールしたいときにもおすすめです。

ホタテや貝類の出汁を使っているとのことなのですが、貝類は金運アップにも効果が。
ホタテは、再出発のタイミングで食べるとよいといわれていたり、愛情運を高める効果があるといわれています。
ポトフ自体も、水分たっぷりなので、なおかつ貝や海のエキスがたっぷりしみたスープは、まさに最強の魚座の開運フードといえると思います。

 

 

三品目のデザートは「ベリーのパンナコッタ」です。

こちらも色のパワーを取り入れています。
ぷるぷるしたもの、フワフワしたもの、溶けるものなど、やわらかいものも魚座の象徴です。
ちなみに食後のデザートは、食事からの運気をよりよく取り込み、足りない運を補充してくれる役目もあるんですよ。

 

 

デザートのタイミングで、恒例のタロット占いを。
ひとりひとりとお話ができる、わたしにとっても、貴重で楽しみな時間です。

次回は、3月24日(火)の19時~で、
「牡羊座」の新月のタイミングです。
開運ディナーが始まって、丸2年という節目のタイミング。
本当にありがたいなと思っています!

Please reload

Please reload

Archive
  • Wix Twitter page

© Kanon Mizutani All rights reserved